【アオサギとゴイサギの羽乱舞!】

Category : 狩猟:鳥類の仮剥製製作

今朝の見回りで、思いっきり罠を引きづった痕跡を発見。
足にかかって驚いて走ったら、スポッっと抜けたようです。
そりゃそうだ、足跡みたら仔猪。
にゃろう・・・もうストッパーずらして獲っちまうぞ?

さてさて、今日は鳥獣被害対策で捕獲された、アオサギとゴイサギが仕上がりました。
フライフィッシングではグレイヘロンとナイトヘロンと呼ばれている両者。
実は・・・・我々フライマンにとっちゃお宝なんです。

021.jpg

お宝に囲まれた、パッケージ作業場。
一部のディープなフライマンに恨まれること間違いなしなお宝がズラリ。
グレイヘロンことアオサギと、ナイトヘロンことゴイサギの羽がワンサカと。

コンプリートからパッチ、クイル、フェザー、あらゆる部位があります。
それらをパッケージしているということは・・・・。
お待たせいたしました!
新年第一弾の入荷はグレイヘロン&ナイトヘロンでございます!

015.jpg

ショルダーとバックフェザー、さらにショルダークイルが一緒になったパッチ。
これだけでスペイパターンに使うグレイヘロンが揃ってしまいます。

ムラムラっとくる青みを帯びた淡いダンカラー。
グレイヘロンが持つ魔力ってやつですね。
しばしうっとりと羽に見入ってしまいます。

017_201401071730597fc.jpg

これはナイトヘロン。
茶色のものはホシゴイといって、ナイトヘロンの若鳥からとれたもの。
実は若いうちは茶色で模様が入っており、大人になると白やブルーダンといった羽に変わるんです。

右側のものは珍しい、生え変わり途中のバックフェザー。
どちらも同じナイトヘロンなんですね。
若いか大人化の違いで、羽にもここまで差が出るのです。

018.jpg

そしてこれぞ大人のナイトヘロン!
ホシゴイの茶色い羽からは想像できませんよね。
こちらも商品として・・・・出したくない状態の良さ。

ホシゴイなんぞまず出回らないんじゃないですかね?
ゴイサギ自体、獲る人がいませんから貴重なものです。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク