スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クイルボディパラシュート】

Category : 釣り:フライパターン

パラシュートダンって実際のところ、イマージャーとして機能していることが多々ある。
いつの間にかハックル以外のフロータントが切れて、ボディが水面下にあることが多い。
むしろドラウンドダンや、考え方ではスペントパターンとしてマッチしているかもしれない。

009.jpg

グースバイオットをアブドメンに使った、クイルボディパラシュート。
ダビングボディのものよりリアルさは勝るが、浮力の持続性は大きく負ける。

グースバイオットを使うときに、水に浸して柔らかくするといった手法が用いられる。
これをリキッド系のフロータントに変えてやると、撥水効果を加えつつ柔らかくすることが可能。
こうすることで多少ではあるが、浮力の持続性を伸ばしてやることが出来る。

アブドメンを細くする代わりに、ソラックスを太く巻くというのもアリだ。
水中から見るとメリハリの突いたボディは目立つ。
もちろんフロータントの保持力に長けているから、浮力を持続させやすい一面もある。

なにはともあれ、ハックルさえ浮いていればいいパイロットパターンとして機能。
やっぱり釣れるのはパラシュートパターンの強みであろう。



●カスタムフライ&タイイングマテリアルH.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。



↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。