【オオクマ舞う春の陽気】

Category : 釣り:釣り歩いた日々の記憶

予想最高気温21度!起きたらあたり一面ホワイトアウト!
霧が立ち込める中、集合場所の極楽温泉へと。

今日は地元高原のフライフィッシャーTさんと、宮崎のクマさんとゾウさんとご一緒に。
初顔合わせでしたけど、なんだか以前か知っているような和やかな雰囲気。
山間の農道を抜け、渓流を目指します。

P3198173.jpg

馬鹿の一つ覚えといいますか、この場所はオオクマ縛りで90%OK。
シロハラもいくつか巻いておけば、まぁハズレは無いでしょう。

ファジーウィングを使った、ドラウンドダンがあれば万全。
スレきった魚も、このパターンで拾ってやりましょうという魂胆。

現場ではライズが散発ながら、あちこちで始まる。
こりゃもうワクワクドキドキ最高潮!
ドピーカンな天気ですけど、虫も出ていて状況はよさそう。

P3198244.jpg

風に流されたオオクママダラカゲロウも、僕の肩に乗って釣りをご覧になるようで。
水面を見るとダンが気持ちよさそうに水面に乗って漂う。
がライズは違う場所で起きる。

オオクマではないのか?それとも水面下のオオクマか?
ここはファジーウィングを使った、ドラウンドダンで様子見。
流れに乗せるとフライに反応!がフックオフ。
いつものバラシが発動、なんてこったい。

しばらくやるも魚のスレ具合がハンパ無く、人の姿がなくならないとライズが出ない。
昼食後、思い切って場所移動するもちょっとしたハプニング。
後続の車に合図すると全員笑顔でXマークだったので、さらに移動。
まぁ詳しくは書かないけど、笑うしかなかったのです。

上流方面へ迂回し、さっそく流れのぶつかりにフライを流す。
銀色の魚体をくねらせるように飛び出した良型のヤマメ。
アワセそこねてさようなら・・・。
それでもまだ居そうだなとフライを流すと・・・

P3198306.jpg

やっとヒットした24cm。
フライはオオクマカラーのキュウシュウシカウィングダン#16。
ライズは無いけれど、魚が上を見ているのは確実。

なんとか一安心で、次はクマさんがフライを流す。
フライサイズを#16に落として少し上流側を流すと・・・

P3198314.jpg

どーんと一発でフライに反応。
こりゃいい!と思うけど、解禁後のプレッシャーか魚が続かない。

途中、テトラの脇で小型をばらしてしまう。
やがて雨が降り出し、後ろ髪引かれながら撤収。
うーん、魚が落ち着くまで厳しいですかね。

まぁ和気藹々と楽しみながら釣れましたのでよかったです。
いつも単独釣行がほとんどなので、こうやってワイワイ釣るのもいいもんです。

さぁ次はどの川へ足を運ぼうか?
今季の近場フィールド巡りは始まったばかりです。




● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク