【 モンカゲロウのちオオマダラ 】

Category : 釣り:釣り歩いた日々の記憶

今日は出掛けるつもりは無かったのですが、明日の予報を見て急遽川へ。
明日はぐっと冷え込み、冬のような気温になるそうで。
だったら好調なオオマダラを楽しんでおかなければ!

釣場についたのが10時頃。
少し早いかな?と思いつつも、とりあえず釣り上がり開始。
冷たい風が吹き荒れ、なんとなーく嫌な雰囲気。
虫の気配は全く無く、水面への反応は皆無。

昼になってハッチがポツポツと出始め、期待が高まる。
ティペットの傷をチェックして、いよいよライズを狙い打つ。

虫の数が増え始め、水面にも反応が出始める。
まずはモンカゲがまとまってハッチを始めた。

P4068670.jpg

ところが捕食対象が見えないライズ。
これは水面直下、恐らくイマージャーを食っている。
油断した・・・イマージャー持って来て・・・あった!

昨シーズンに使用した、ボロボロのモンカゲイマージャー。
多分いける・・・いけてほしい。

P4068697.jpg

どーん。
意外と使えた。

出だし好調。
次々とライズを拾っていくと、今度はオオマダラが目立ち始める。
今日のオオマダラは、再び水面に降りたダンが食われる。

CDCを後方向きに付けたソラックスでライズ拾い。
叩かれてスレている場所ではクレセントメイフライで一発勝負。

プールはもちろん瀬でもライズが始まり、投げればフライに出るパラダイス。
ロッドにも慣れ、アワセも気持ちよく入るように。

昨日よりハッチ密度は低いけど、出る魚はかなり多い。
それもアベレージサイズが20cmオーバー。
ほとんどが25cm前後で程よく楽しめた。
何だかんだで、昨日より釣れてる。

いつもこうだといいなぁと思うけど、きっと飽きてしまうだろうなぁ。
たまに爆発するのが、やっぱり楽しいかもしれない。

でも爆発する時期を欠かすことなく見回りにいける。
田舎生活さいこぉ~






● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク