【 予定外の濁りにもめげず 】

Category : 釣り:釣り歩いた日々の記憶

どんより曇り空、時折、小雨がぱらつく。
春先ならメイフライのハッチ!で喜ぶけどすでに終焉。

日中だとモンカゲスピナーも、すっかり少なくなっている。
メイフライを意識するとなると、イブニング前からの勝負な季節になっている。

まぁオドリバエやカディスを意識すれば、日中でも快適に反応がある。
ところが釣場につくと予想外の出来事が。

P4309211.jpg

何故、濁りが・・・・。
どうやら上流での工事の影響らしい。

なんとか底は見えるけど、淵は流石に底が見えない。
これくらいの濁りなら、浅い場所の魚であればなんとか水面に出せると判断。
とにかくセオリー通りの場所を、丁寧にフライを流していく。

P4309191.jpg

濁りの影響で、ゆっくりとフライに出る。
あぁアワセが楽だ(笑。

それにしても綺麗な魚体。
こんな魚を毎日のように狙いに行くなんて3年前は考えもしていなかった。

もうすっかり地元人、川辺で農作業するじいちゃんばあちゃんともすっかり顔なじみ。
最近じゃ工事車両の運ちゃんとも顔なじみになった。

P4309202.jpg

サイズもそこそこのが揃い始める。
完全にオドリバエまたはカディスパターンがはまりはじめた。
ドラグは掛けず「チョンチョン」と動かすと、何処からともなく魚が顔を出す。

ほとんどの魚がスローペースでフライに反応。
やはり濁りの影響で、完全に油断している輩が多いようだ。

こちらとしてはアワセが入れやすいのでいいけど、やはり雰囲気がね・・・。
まぁ工事なら仕方ないけれど、出来るだけ土砂流入のないように願いたいところ。







● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク