【 ゴイサギのコンプリート 】

Category : 狩猟:鳥類の仮剥製製作

ゴイサギが2羽入ったので、気温と睨めっこしながら加工作業。
冬なら気にせず放ったらかしで問題ないけど、湿度と気温が高いと腐敗が怖い。

それを防ぐためにこの時期になると、ホウ酸の他に色々と配合して対処。
冷凍ものだったので溶け出した水分の対処も、この時期は中々、大変なものです。
血液などが羽に付着して汚れると、中々落ちませんからねぇ。

P5139798.jpg

これは既に完成しているもの。
頭部から首にかけての部分は、パッケージの都合上、分離しています。
クイルは痛みが激しいものが多いと、外してコンプリートボディにします。
ちなみに翼もついているものが「コンプリートスキン」です。

ローウォーターパターンに欠かせないウィングが取れるショルダークイルは完璧。
ナイトヘロンの外せない部位でもあるショルダークイルとバックフェザーはしっかりと残っています。

この背中の黒っぽい羽、薄っすらとメタリックグリーンに輝くヘロンフェザー。
ボディハックルに巻くことで、これからの時期はさらに効果的なマテリアルですね。

白い部分もボディハックルやマラブー感覚で使います。
ネックフェザーは美しいブルーダンカラーをしており、小型のソフトハックルに最高。
ウェット系パターンには高級マテリアルとして重宝されています。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク