【イノシシの気配を感知なりっ!】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

今年もシカやイノシシによる、農作物への被害が出ている様子。
禁猟区に隣接する畑は格好の餌場になっているようです。
そんな地域にある知り合いの畑では、秋口になってから異変が。
どうやらイノシシが出始めたらしいのです。

101.jpg

畑のすぐ横にある雑草地をグチャグチャに掘り返した形跡。
ヤツですね。間違いありません。
今のところ柵を設置してあるので畑への被害は無いようですが、恐らく時間の問題でしょう。
何とかしてあげたいのですが地区が異なるため、禁猟期間に駆除対策することができません。
鳥獣対策による捕獲は原則、地元駆除班が行うことになっているんですね。

もし畑の作物に興味を抱き、柵を突破して侵入を試みられたら。
電気柵とはいえ慣れてしまえば、柵を壊して侵入するツワモノもいます。
2m近い金網で畑を囲めば万全でしょうが、まるで檻の中で作業をするかのような異様な風景になります。
景観もそうですが、なにより設置費用がバカにならない。

102.jpg

竹林を抜けて斜面を下ると、湿地にはヤツの気配が確実に感じ取れました。
ヌタ場。イノシシがドロ浴びをした跡、いわゆる「ヌタうちまわった」跡ですね。
規模からしてそんなに大きい固体でもなく、数もさほど多くはなさそう。

11/01の解禁までいるかなぁ?なんてのんきな事が言えるのは僕だけ。
畑の所有者にしてみたら「さっさとどこかへ行ってほしい」てのが本音ですね。
んーなんとかしてあげれないかなぁ・・・・。




テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク