スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 フィギュアードウィングを使ったフライ 】

Category : 釣り:フライパターン

先日、ご紹介いたしましたフィギュアードウィング
主な使い方としては、やっぱりカディスのウィングですね。
厚みはありますがその分耐久性も高く、フライの交換頻度がぐーんと下がるのは嬉しいところ。
フックサイズ的には#16くらいまではタイイングしやすいと思います。

模様は翅脈をイメージしたカディスヴェインと、虫っぽい模様のモトルドカディス。
現在、他の模様も色々とデザインしていますので乞うご期待といったところです。

さてさて、そんなウィングを使ったパターンの一例をご紹介。
まずは定番でもあるヒゲナガですね。

008_201405302136498d0.jpg

スパンヘッドを持った一般的なタイプ。
ウィングにフィギュアードウィングのカディスヴェィンを使っています。
ヘッドはもう少し小さくてもいいですね、ちょっと欲張っている感じも好みではありますが。

ボディはインセクトダビングを細めに巻いて、フィギュアードウィングを取り付けます。
あとはキュウシュウシカのスタッグボディでヘッドを作るだけ。
シンプルながらも頼りがいのあるフライに仕上がります。

これからの夏シーズンや、白泡の下から魚を引き出すパターンにもオススメ。
特定のイミテーションではなく、虫っぽさを表現したフライにもいいですね。

006_20140530213647e83.jpg

スペントカディスパラシュートといったところです。
#12~16で巻けば、スペントカディスとして十分機能します。
それ以上のサイズに巻けば、テレストリアルや大型のカディス、要するに「虫」として昨日。

パウダーフロータントをウィングにしっかりと擦り込めば、驚くほどの浮力を得ます。
白泡に投げ込んでも「プカリ」と平気な顔して浮いてくれるんですね。
夏場のイワナ狙いには勿論、ちょっとした攻めのドライフライとしてオススメですよ。









● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。