【 クレセントメイフライの水面姿勢 】

Category : 釣り:フライパターン

メイフライダンの水面姿勢を意識したクレセントメイフライ
ドライシェイクをしっかりと付着させて使います。

フックのベンドから先についたフロータントは、しっかりと除去するのが重要。
フックだけが水面下にくるようにします。

002_20140604140715b00.jpg

こんな感じでCDCがフロント部をしっかりと持ち上げます。
このフロントハックルのCDCがこのフライの重要なパーツ。
CDCが塗れてしまうと本来の姿勢が保てなくなります。

CDCが塗れてきたら、各種乾燥剤でしかりと乾かします。
そしてドライシェイクをしっかりとまぶせば復活。
面倒ですが反応に大きな差が生じます。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク