【 狩猟免許の取得方法 】

Category : 狩猟:狩猟への道順

山野に生息している鳥獣は、法律によって保護および管理されています。
ですから誰でも好きな時に捕獲していいというわけにはいきません。
まずは狩猟免許を習得し、鳥獣の捕獲が出来る資格を所持しなければなりません。

一言に狩猟免許といっても狩猟方法によって異なり、現在は4種類の免許があります。

1.網猟免許 (網を使った狩猟方法のための免許)
2.罠猟免許 (罠を使った狩猟方法のための免許)
3.第一種銃猟免許 (散弾銃やライフル等、装薬銃および空気銃による狩猟の為の免許)
4.第二種銃猟免許 (空気銃による狩猟のための免許)

それぞれの猟法ごとに免許が必要になります。
例えば罠も散弾銃も使いたいというのであれば、罠猟免許と第一種銃猟免許の両方を取得しなければなりません。
また免許ごと(狩猟方法ごと)に使用できる猟具や狩猟できる鳥獣などが決まっています。
例えば罠で鳥類を捕獲できないなど、取得しようとする免許についてあらかじめ調べておきましょう。

なお銃を所持するには狩猟免許の他に、銃の所持許可を得る必要があります。
これは管轄の警察署に行って申請を行いますが、この手続きが非常に面倒かつ高額。
時間もお金も掛かりますし、審査も厳しく最大の難関かもしれません。

狩猟免許は国家試験ですが、思うほど難しくはありません。
ですが勉強しなければ受かる確率は低いでしょう。

運転免許試験よりも、若干難しいかな?くらいだと思います。
ただ興味があって取得を目指す場合がほとんどだと思いますので、勉強もすんなり身につくと思います。

さて狩猟免許試験がいつ実施されるかを知る方法ですが、鉄砲店や猟友会、県庁のHP等で掲示されます。
基本的に試験は夏頃に2回実施されます(罠免許は冬にもう1回実施される)。
申請書類は鉄砲店や農林振興局林務課で受け取りが基本です。
都道府県によっては県庁ホームページからダウンロードできる場合もあるようです。

受験の為の必要書類は以下の通り。

1.狩猟免許申請書 (複数の申請も1枚で可)
2.受験票 (受験する免許ごとに1通)
3.診断所 (銃所持許可がある場合は写し)
4.住民票
5.返信用切手 (受験票に貼付)
6.写真ライカ版 (申請の半年以内に撮影したもの)※1
7.申請手数料 ¥5200(受ける免許ごと)※2

※1.僕の場合は郵送時に紛失する恐れがあるので、受験当日に貼ってあればいいとのことでした。
※2.狩猟免許所持者で他の狩猟免許を受験する場合は¥3.900

必要書類をそろえて農林振興局林務課に提出。
後日、受験票があらためて郵送されてきます。
あとは試験に向けて勉強あるのみ・・・なんですが、どうやって勉強したらいいか?ですよね。

実は大日本猟友会が試験対策の講習会を実施しています。
それに参加して試験対策や実技を学ぶのが無難です。
講習会への参加は鉄砲店や各都道府県の猟友会で受け付けています。

受講料金は各都道府県によって異なりますが、だいたい1万円程度のようです。
僕の住む宮崎県では県から補助金が出ているので受講料が無料でした。
有害鳥獣駆除対策で、狩猟免許保持者を増やしたいという背景があるようです。

講習会に参加すると、狩猟読本というのが配布されます。
一応¥700するそうですが、これも県の補助で無料で配布されていました。
また試験問題の例題集なども用意されますので、勉強するには困らないでしょう。
こちらは補助対象外ですので¥1500での購入になりました。
あとは試験に向け、講習会で習う試験対策を踏まえながら勉強あるのみです。

■初めて試験(1種類のみ)を受ける場合の費用参考
※都道府県によって異なるので要確認
・受験申請料¥5.200
・講習会¥10.000
・テキスト等¥2.200
・雑費(切手、写真など)¥1.000

受験にかかる費用は2万円でおつりが来るといった感じです。
受験当日に合否発表があったり、2週間ほど待たされたりもします。

しかし免許を取ったからといってすぐに狩猟ができるわけではありません。
狩猟者登録を行わなければなりませんが、そこはまた次回にでも。
免許取得後にも、ある程度の金額が必要になってきますのでご注意ください。

その他にも色々とございますので、各自でよく調べてください。


テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク