【 ヒュージティブテレストリアル 】

Category : 釣り:フライパターン

フォームホッパーやフォームストーンとして使えるのがフュージティブテレストリアル
水面に落下し陸地へ逃れようと必死にもがく、中型のテレストリアルをイメージしたフライ。

フォームを使っているので浮力は安定しており持続性も長時間。
全体的にジェルタイプのフロータントを施せば、より効果的な浮力の持続性が得られます。

006_201408112223134bb.jpg

ラバーレッグを装着しているので、フライを動かして誘い出す事も可能。
柔らかいレッグが水面でもがく様子を、しっかりと再現できる。

フォーム系パターンとしては珍しいショートシャンクフック仕様。
長いけれどフライのシルエットは小さくしたい場合にはこの手のフックがマッチする。

勿論、ゲイプの幅が多少あるから、フッキングのしやすさも売り手どこ。
サイズの小さいロングシャンクだと、必然的にゲイプ幅が狭くなってしまう。

009_20140811222314b84.jpg

ウィングにはおなじみのリンバーウィングを使っている。
ホッパーらしくもあり、ストーンフライらしくもあり。
両方とも意識してしまえ!的な欲張りな妄想が詰まっている。

インディケーターはドライウィングマテリアル
繊維が細く柔らかいので、短くカットした時のまとまりが抜群。
ファイバーが密集したインディケーターができるので、当然、視認性はいい。

ディアヘアはスピンセイバーとして機能。
基本的にこういうパターンはティペットを太くすることが多い。
フォームフライとしてはサイズもさほど大きくは無いので、このフライならそこまで太さを気にする必要もない。

011.jpg

ワイドゲープのフックを使う理由がここにもある。
裏側から見ると、シャンクがフォームで隠れているのが分かる。
ちょっと面倒だけれど、シャンクを挟んだ方が違和感が少ない。
その分、フック内側にマテリアルの厚みがくるから、ワイドゲープを使うというワケ。

ウィングのシルエットとボディが合わさって、ホッパーやストーンフライとして機能。
落込みにブン投げてポカリと浮かべ、下から魚を引き出す釣りに。
夏ならではの楽しみが詰まったフライ。



■ フュージティブテレストリアル <タン/ブラウン> #10 ¥350 




● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ







テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク