【 マシュマロ?カメムシ 】

Category : 釣り:フライパターン

夜になれば緑色のアイツが自販機に群がる季節。
危険を感じると異臭を放つ嫌われ者だが、フライフィッシングではそう蔑ろに出来ない存在。

カメムシ。

009_20140815123514afc.jpg

フォームやらクリップドやら、色々なパターンがある。
今年は島崎さんのマシュマロスタイルを使ったパターンだけを使っている。

獣毛素材は膨らむので、ビートルのボディをマシュマロでやるには好都合。
しかしカメムシはそこまで真ん丸ってワケじゃない。
色々試しながら「潰れた」マシュマロボディを作ることが出来た。

006_20140815123516bf2.jpg

荒削りだけれど、今のところ問題なし。
南宮崎のヤマメは、マシュマロカメムシがお好きなようで。

マシュマロボディをスレッドで巻きとめ、CDCをハックリング。
ボディのあまりは切っちゃダメ。
そのままアイの根元までスレッドかまして放置プレー。

アイを取り付けたらボディのあまりを折り返し、スレッドで留める。
余った部分を厚みが出ないように切る。
カットする形状によっちゃ、さらに本物っぽく。

大体で問題ない。
釣れる。
むしろ「何となく似てる」ってところがフライの本質?






● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ







テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク