【 野生鳥獣の轢死体について 】

Category : 狩猟:注意点等

野生鳥獣の轢死体、ロードキルという言い方もされますね。
轢死体を拾得して剥製加工や皮なめし加工するといった記事をよく見かけます。

実は轢死体の拾得には許可が必要なんです。
不法に殺傷していないという証明ですね。
ですので許可書なしに轢死体を拾得するのは違法というワケです。

この許可書および証明書は、保健所や地域振興課などで申請できます。
地域によって管轄する組織が異なるようです。
証明書は「野生鳥獣へい死体所持確認(証明)書」といいます。

この証明書または許可書が無ければ、轢死体の拾得は違法です。



テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク