【新加工手法によるブリーチド】

Category : 釣り:タイイングマテリアル

台風の影響で一日中、雨が降ったり止んだり。
湿気も高いので中々乾燥せずに仕上がりが心配だったキュウシュウシカのボディヘア。

今回は新手法でブリーチ加工を施し、ムラ無く脱色ができたのですが・・・。
乾かないうちは何とも言えないんですよね。
乾燥後にガビガビな毛質だったら、マテリアルとしては最悪なわけで。
かといっていつまでも湿っていると、それだけで毛質が変化してしまう。

とりあえずラチが空かないので、なめし君4号を導入しました。
いや、ただの乾燥機・・・ではない!
マイナスイオンを発生しながら乾燥できる優れもの?なんです。

欲張って熱を加えちゃうと毛質が変化するので、常温での送風による乾燥を試みる。
そしてしっかりと乾燥させたヘアを手に取ってみると・・・・

002_20131007205540e0c.jpg

あ、大丈夫じゃん(笑。
意外と美味く仕上がっておりました。

某有名メーカーの最上級ブリーチ品は、ここでオイルを浸透させるんですね。
なんでも水生昆虫のもつ油分と同じ成分だとか?

自分はそんな大層なことができないので、余計に毛質が痛まない手法を考えないといけないんです。
キイロカワカゲロウが大発生するから、大量捕獲して煮詰めて脂でも取る?
間違いなく嫁さんに家から追い出されますね・・・。






↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

●カスタムフライ&タイイングマテリアルH.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。



テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク