【 くくり罠の準備 】

Category : 狩猟:狩猟のあれこれ

そろそろ狩猟モードに突入です。遅い?まぁ、焦っても仕方ないということで。
渓流でのヤマメ漁期が9/30までなので、まだ釣りモードも残っていますけれど。
いいかげんワイヤーを組んで、脱臭なんかの下準備をしないと間に合いません。
というわけで、ブログの方も猟期ヴァージョンってことでデザイン変えてみました。

ところで、くくり罠に使うワイヤーですが、みなさんどのような物をお使いでしょう?
最初はネット注文できるお店で買っていた柔らかい物を使っていましたが個人的にNG。
柔らかいので掛かり易いんですが、朝見回りに行った時にはワイヤーがプツリと。
こんな事が多かったので、1ランク硬さのあるものを使うようになりました。

11.jpg

捕獲率は上がりましたが、このように切れかける事例が多い。
以前の柔らかいワイヤー同様、切れて逃げられていることもありました。
結局、ホームセンターで売っている、硬いワイヤーを使うことに。

捕獲率は下がりましたが、切れて逃げられるということはありませんでした。
ただ輪が閉まりきってなかったり、空弾きが多少増えたのは否めません。
くくり部を足首に付けたまま逃がすよりはいいと思っています。
下手すりゃ輪が取れず足が壊死するし、いわゆる半矢になりますからね。

そして今年、ワイヤーの代金が2倍近くになるけれど、いいものを見つけました。
工務店の方に教えていただいた、建築資材として流通しているもの。
ホームセンターで売っているものより柔らかく、それでいて強度は比べ物にならないほど強い。

12_20140926104301301.jpg

柔らかいので、くくり金具の先端で止める加工も楽です。
専用品として売られているものより、用途が違うものの方が良いってなったら・・・・。
コスト面では劣りますけど、半矢を防ぐと考えれば断然こちら。
まだ使ってないので確実ではありませんけど、中々優秀な予感を感じております。

ことしはバネではなく、グシ(木)を使った原始的なものにも挑戦しようかと。
色々と経験を積み重ね、適材適所を冷静に判断できるよう目指そうと思います。
毎年のことながら、ワクワクソワソワして落ち着きません(笑。



↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ







テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク