【 鹿毛の染色テスト 】

Category : 仕事:工房での作業風景

鹿毛と相性の良さそうな染色剤を職人さんにご紹介いただきました。
そして早速の染色テストを開始!

P1010955.jpg

染料を溶かした湯に毛皮を投入し、しばらく掻き混ぜること15分ほど。
落ち着いたら重石を乗せて完全に漬け込み、染料が安定するのを待ちます。

そのままの毛に色を乗せるダイカラー。
脱色した後に色を入れるブリーチカラー。
2通りのやり方で色合いの違いを見つつ、商品ラインアップを選ぼうかと。

P1010958.jpg

ブリーチドカラー大成功!見事にオリーブ色に染まりました。
毛質へのダメージがゼロというワケにはいきませんが、問題ない毛質をキープ。
どうやら染料の相性はバツグンのようですね。

ダイドカラーは失敗。
やはり一度、基の色を抜かないと綺麗に染まりません。
こちらはさらに試行錯誤が必要。

とりあえずブリーチドカラーの方は製作スケジュールを組むことに。
今年中の発売を目指します。



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク