【 アルミ素材で作る罠のワイヤーガイド 】

Category : 狩猟:狩猟のあれこれ

ワイヤーガイドを装着した、トラバサミに似た形状のくくり罠。
深い穴を掘らずともワイヤーが跳ね上がるので、使っている方も多いのでは?
特に工具も日曜大工で使うもので間に合うのもうれしいところですね。

さて、ワイヤーを跳ね上げるガイドですが、塩ビパイプで作るのが定番かと。
ただカットするのも大変ですし、ワイヤーの溝を掘るのも一苦労。

もっと楽にできる素材は無いかなぁとホームセンターを徘徊。
そしてとあるもので代用できそうな予感が。

P1011043.jpg

これが完成したプロトタイプ。
ワイヤーガイドに使ったのは、アルミのL字アングルです。

ただ柔らかいので加工しやすいですが、耐久性は無いですね。
獣がガイドを踏んだら、簡単に曲がってしまうと思います。
ですので量産して、壊れたら交換!ってのを前提に使うことになります。
まぁ罠が軽く仕上げられるので、持ち運びが相当楽になります。

P1011045.jpg

L字アングルは、手で簡単に曲げられます。
適度な大きさの塩ビパイプにあてがって曲げてやれば、綺麗に曲がります。

しかも曲げると写真のようにV字に変形。
ワイヤーを掛ける溝堀いらずってわけ。

P1011047.jpg

試しに庭で作動テストしてみましたが、問題なしでした。
ワイヤーもしっかりと掛かりますし、踏み込めばしっかりとワイヤーが飛び上がる。

まぁ耐久性は先ほども述べましたが、恐ろしいほどありません(笑。
時間をかけて塩ビパイプでやった方が、後々は楽ですね。








● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク