【 偶然が重なり一弾二鹿!! 】

Category : 銃猟

連日、鹿の動きが活発で、好調な罠猟。
それとは裏腹に、今朝は何の反応も見受けられず。
まぁ、そういう日もあるかと早々に撤収。

ところがどっこい。
日の出時刻頃に通った時には姿を見なかった杉林で、鹿の群れを発見!
それも数頭とかいうものではなく、20頭規模のまとまった大きな群れ。

少し離れた場所から林に入り、鹿の動きを見ながら距離を詰めます。
レンジファインダーで距離を測ると82.5m、およそ80mの間合い。
見通しがよく鹿からも動きはバレバレなので、杉の木の幹に身を隠し射撃準備へ。

バックストップと矢先の安全を確認できたので、スラッグ弾を装填。
ゆっくりと照準を合わせながら安全装置を解除し射撃。
一目散に散る群れの後ろで、鹿が倒れたのを確認。
追い撃ちはせず、倒れた鹿の回収へと向かいます。

狙い通り照準をあわせた鹿が、木の根元に倒れていました。
肉付きも良い若いメス鹿です。
さぁ血抜きして回収だなぁと思った瞬間・・・・。

P1012567.jpg

あれ?
鹿がもう一頭、転んでいる・・・・。

写真左側方面から射撃したんですが、木の根元に転がっている鹿を狙いました。
どうやら一頭目に着弾した後、貫通して後方にいた別の鹿に着弾した模様。
群れで固まっていたので、偶然にも2頭を同時に射止めるという珍しいことが。

回収後、先輩猟師に自慢したところ、たまーにあるよーって返り討ちに(笑。
どうもここら辺の鹿は警戒すると、群れが固まることがあるそうです。
ですので重なった鹿に照準をあわせると、このようなことが狙えるってわけ。

P1012576.jpg

射撃地点から照準をあわせた鹿がこちら。
そこそこの角が生えたオスもいましたけど、肉優先でメスを狙いました。

少し弾道が右にズレ、アゴに着弾した様子。
80mと距離がありましたので中るか不安でしたが、見事的中しました。
着弾した弾頭はそのまま貫通し、後方にいた鹿をさらに撃ち抜いた様子。

P1012575.jpg

こちらの鹿は頚椎のやや下側に着弾していました。
狙った鹿よりすこし小振りですが、こちらも肉付きのよいメス鹿。

胸元にナイフを入れ、心臓上の血管を切って血抜きを行います。
その間、もしかしたらと思い、周囲をよく観察。
さらにほかの鹿に着弾し、走られている可能性も否定できなくはありません。
しかし血痕は見当たりませんでしたので、2頭の回収を行いました。

ウェアブルカメラで撮影していたら、驚きの瞬間がとれていたかもなぁ。
そんな事を考えながら、2頭を林道まで引き上げるのは重労働。
そこから自宅に戻り、連続して2頭の解体作業です。

今日も食卓には鹿肉料理が。
贅沢な冬を満喫しています。



※獲物の出血シーン等があるため年齢制限をかけています。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク