【 目の前をキジが! 】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

一般狩猟が明日で終了ですから、今日も罠の巡回後、すぐに鴨猟です。
ところが連日のように狙っていますから、鴨の姿が全然見当たりません。
居ても撃ち辛い場所や回収が困難な場所など、普段、やらない場所ばかり。

まいったなぁと、川を行ったりきたりしていると・・・・。
目の前をオス雉が急ぎ足で横切った!
そのまま藪へ身を潜めますが、こちらから姿が丸見え。

猟銃を準備して、ゆっくりと藪へ侵入。
声を出して飛ばせた瞬間、クレー射撃のごとく追い撃ち。

P1012528.jpg

落した雉は羽がしっかりと生え揃っている美しい個体。
腸抜きと冷却のためお腹を開けると、脂ののりも抜群でした。
晩はキジ肉と野菜を炊き込んだ、キジ飯決定な瞬間。

コウライキジと違い、羽の色に変化が少ないキジ。
タイイングマテリアルとしては、コウライキジが使われます。
ですがメタリックグリーンを帯びた独特の光沢の羽はキジならでは。
思う以上にマテリアルとしての用途は多いです。

P1012531.jpg

キジのマテリアルといえば、やはり尾ですね。
コウライキジよりも長さはありませんが、しっかりとした尾羽が揃っていました。

肝心の鴨なんですが・・・・。
カルガモ一羽を落としたのみでした。
明日にかけるしか・・・・。




● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク