【 今年もまた川通いが始まる 】

Category : 釣り:釣り歩いた日々の記憶

多くの渓流で釣りが解禁となる3月1日。
ここ宮崎県でもヤマメが解禁になりました。

とはいっても一部地域の鹿と猪は、まだまだ猟期延長中。
とりあえず朝の見回りを終え帰宅すると、猟銃を釣竿に持ち替え・・・・。
気がつけばいつもの川にやってきていました。

P1012800.jpg

この時期、猟場でもあり漁場でもある中流域は、まだまだ鴨がのんびりしています。
見かけるとウズウズするし、なんか腹立たしくなるような・・・・。
そんな気がしたので、すこし時期早々ですけど山岳流域へ入りました。

さすがに南宮崎といえど、山岳流域はまだまだ早春の雰囲気。
といっても本州と比べると、水生昆虫のハッチは大分進んでいるんですけどね。

P1012813.jpg

山岳流域の河原では、もうエルモンやらナミヒラタなどのスピナーが飛び交う。
中流域ではオオクママダラがハッチのピークに突入します。

よほどのプレッシャーが掛からない限り、ミッジの釣りは成り立たない。
とにかく目立っていて、自然にフライを流せば確実に反応してくる。

難しいシビアな釣りも楽しいけれど、解禁当初は何も考えずのんびり楽しむ。
宮崎に移住してから、渓流での過ごし方が大きく変わりました。

P1012819.jpg

それでも基本は、やっぱり飛んでいたり流下する水生昆虫にフライを合わせる。
魚と出会う最も確実かつ手早い手段。

よく九州のヤマメは簡単にフライで釣れるって聞く。
カディスの#12~14あれば楽しめる。
確かにそうだなぁと感じる。

けれど確実にフライをあわせていくと、よく釣れるどころの話じゃない。
とにかく要所要所で出すことが出来る。

スーパーハッチに遭遇すれば、その魚の多さに驚くはず。
どれだけ普段、魚に無視されていたのかも痛感できる。

P1012918.jpg

今年もまたパーマークをまとった彼ら、彼女らとの追いかけっこが始まった。
とにかく元気良くフライに飛び出してくる。
この瞬間がたまらなく心地いい。

まぁシーズン始まったばかり。
学習して神経質になった頃からが本番。

P1012756.jpg

河原に奴等の足跡があると、かなりムラムラってくるけど。
コジュケイの鳴き声が響き渡ると、ちょっとムラムラってくるけど。

やっぱ自然の中はいい。
山だろうが川だろうが。

今年もまた忙しい日々が待っている。
幸せなことだ。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


テーマ: フライフィッシング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク