【 自作の重箱式巣箱を設置 】

Category : 菜園:素人養蜂家の道

そういや数年前、渓流解禁して間もない頃に、ミツバチの分蜂群れを見た記憶が。
もしかしたら今年はいきなり出遅れた・・・・・と思って、養蜂に詳しい猟師さんに電話。
そしたら4月頃から本格化だから、ぜんぜん間に合うよとのこと。

いそいで巣箱の材料を調達して、ネットを見ながら何とか製作。
重箱式といって、木枠を何段か重ねるタイプのものにしました。
これなら蜂蜜を貯蔵している巣だけ採取し、花粉と幼虫のいる巣を残せる。

組み立てたらバーナーで隅々まで炙り、木の匂いを落ち着かせる。
あとは頂いたニホンミツバチの蜜蝋を、入り口周辺を天井に塗っていざ設置。

P3274252.jpg

掃除がしやすいように、床はスライド式で引き出せるようにしました。
今思ったんですけど、正面からじゃ、ハチに警戒されまくりですよね。
うらから掃除できるようにして置けばよかったかな。

キンリョウヘンが来るまでは、お父さんが大切に育てていたシンビジウムを置いてみました。
効果ないかもしれないけど、気持ち的にはかなり効果的?

入るかはまったく未知数ですけど、まぁ、こればっかりは運かなぁ?と思ってみたり。
でもどことなくわな猟っぽくて、ついつい素人ながら考えが・・・・・。
やばい、まだ蜂すら来ていないのに、めっちゃくちゃ楽しいんですが・・・・。





■お知らせ

宮崎県に移住してからのことを一冊の本にしました。
仕事としての狩猟と毛鉤釣りに向き合いながらの日々をつづっています。
一人でも多くの方に読んで頂ければ幸いです。

山と河が僕の仕事場


※単行本「山と河が僕の仕事場」は下記の取扱書店・ネットショップでご注文いただけます。

■ フライの雑誌社

■ Amazon

■ MARUZEN&JUNKUDO

■ 紀伊国屋

■ セブンネット

その他、全国取扱書店・ネット書店・フライフィッシングショップでご購入頂けます。









● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 養蜂
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク