スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 春シイタケが続々と 】

Category : 雑記:山菜・きのこ

嫁さんの実家では、薪釜でじっくりと炊いた万能タレを作っています。
そのタレのダシとして欠かせないのがシイタケ。
かなりの量を消費しますので、購入していると材料費がバカになりませぬ。

そこで実家の庭に駒を打ち込んだホダ木を設置し、シイタケの栽培をやっています。
これも妻のお父さんがやっていましたが、今年からは僕が引き継いでやっていくことに。
お父さんが元気だった頃、畑仕事同様にキノコ栽培も色々と手伝っていました。
ですので0からの出発ではないので、なんとかなりそうな気がしてます。

P1014321.jpg

大きな常緑樹がつくる木陰に、ホダ木がズラリと並んでいます。
どれも年季の入ったものですので、そろそろ役目を終えそうなものばかり。
急いでホダ木を仕入れなくてはとあちこち走り回りましたが、どこも売り切ってしまって・・・。
なんとか取り寄せできそうなところがあったので、入荷待ち状態です。

採取してくるには、ちょっと時期が遅いです。
すでにクヌギやナラなどは新芽が芽吹いているので、ホダ木にするには栄養不足。
バンブーロッド用の竹と一緒で、冬に伐採してこなければいかんのです。

P1014323.jpg

今あるホダ木は、シイタケの菌がしっかりと蔓延。
ですので収穫しても放っておけば、雨がふるごとにボコボコと生えてきます。

それも中々、綺麗なシイタケが面白いように生えてくる。
お父さんがしっかりと仮伏せを行い、シイタケ菌をなじませていたおかげですね。
果たして僕に、そんな丁寧な作業ができるんだろうか?

P1014326.jpg

ナメクジに食われてダメになるものもありますが、ほとんどは綺麗な状態。
ほうっておくと直径20cmくらいのお化けシイタケになります。
ダシに使うので、大きいほうがいいんだとか。
ですので使っている駒も、肉厚で大きくなる品種のものを打ち込んでいます。

もちろん自家消費用に、手ごろなサイズのものを失敬することも。
これがまたおいしいんですわ。
炭火で焼きながら、酒としょうゆをたらし焼き上げる。
いやはや贅沢この上なしです。

P1014329.jpg

雨が降った翌日は、ボコボコと新しいシイタケが芽吹きます。
例年ですと梅雨時まで、定期的に生えてきますね。

一応、年季が入ったホダ木ですので、菌駒を補充打ちしてあります。
うまくいけば、新しいホダ木から発生しはじめるまでのつなぎに。

今年は興味本位で、ヒラタケの栽培もやってみようかと。
うまくいけば、秋にはキノコ三昧の予定です。








■お知らせ

宮崎県に移住してからのことを一冊の本にしました。
仕事としての狩猟と毛鉤釣りに向き合いながらの日々をつづっています。
一人でも多くの方に読んで頂ければ幸いです。

山と河が僕の仕事場


※単行本「山と河が僕の仕事場」は下記の取扱書店・ネットショップでご注文いただけます。

■ フライの雑誌社

■ Amazon

■ MARUZEN&JUNKUDO

■ 紀伊国屋

■ セブンネット

その他、全国取扱書店・ネット書店・フライフィッシングショップでご購入頂けます。









● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 山菜・きのこ
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。