【 シカのコール猟 】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

昨日に仕掛けた罠には、やっぱり反応は無かった。
シカはいるけれど伐採の影響で、どうやら通り道が変わったようだ。

イノシシの痕跡が目立つので、追加でくくり罠を3基ほど追加。
あとは運次第ってところだろうか。
どうも獣道が多く、確実に通る道が絞れないのが辛い。

夕方、大師匠の牛舎裏に、箱罠を設置。
日の入りまで2時間ほどあったので、裏山の谷筋を忍ぶ。

何気なくシカ笛でラッティングコールを吹くと、しばらくして鳴き返しがあった。
それも近い距離からなので、寄ってくる可能性は高い。

杉の幹に実を隠してメスの甘え声を出すと、5分位したら下から上がってきた。
三段角の若いオス鹿のようだ。

スラッグ弾を装填し、首筋に狙いを定め射撃。
相手の動きがゆっくりなので、外すのは難しいというくらいの状況。

DSC_0964.jpg

さすがに斜面を引き上げるのは難しそうなので、現地解体を試みる。
嫁さんにお願いして自宅から買いたい道具を持ってきてもらった。

だが山の日暮れは早い。
とりあえず首を落とし、木につるすことにした。

今晩もぐっと冷え込むので、血さえ抜けば問題ないだろう。
たぶん、血の臭いでイノシシがよってくるかもしれない。
明日、一番に解体を行うことを決め、本日はこれで引き上げ。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク