【 本日はわな猟で3頭捕獲 】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

昨日の引き出しで痛んだ腰をさすりながら、今朝も朝から罠の見回りへ。
山の空気もひんやりとしていて、雰囲気も大分変わってきた印象。

一昨日くらいにシカが降り始めた、国道を渡る獣道が数本はしる場所。
そこに仕掛けた罠に、早速、シカが罠に掛かっていた。

P1012359.jpg

メス鹿だったけれど、ちょっと毛並みはいまいち。
完全に生え変わっていないというか、毛質が均一ではなく毛鉤の素材には不向き。

けど若いメスだから、肉質は申し分ない上等なものだ。
しっかりと処理をすれば、柔らかくて臭みの無いシカ肉が採れる。

他の罠も見回って、早いところ解体しなくては。
そんなことを考えながら林道を進んでたら・・・。

P1012361.jpg

毎年、必ずオス鹿が通る獣道に仕掛けた罠に、一本角だけどオス鹿が。
本当にこの獣道は、100発100中、毎年オス鹿が獲れる。

この獣道をもっと詳しく調べたら、オスだけを狙うヒントがあるかもしれない。
今、分かっているのは、この道だけはオスの単体の足跡があるということ。
周囲の道は、メスやらの一回り小さい足跡が無数にある。
そういやオスが掛かる道って、この猟場では痕跡が少ない獣道のような。

とりあえず嫁さんに電話して、解体作業の準備をしといてもらう。
あとは地元地区の罠を見回って、自宅へ戻るだけだ。

昨日、頑張って現場解体したからなぁ。
山の神様がご褒美くれたのかもしれない。

P1012373.jpg

なんてこった、三段角の立派なオス鹿が。
こっちに気がついて横転した。

こうなると大人しくなって暴れないので、止めるには安全。
角が地面にひっかかって、起き上がるのが難しくなる。

シカの流入に神経質になっている地区での捕獲。
なんとか捕獲したけど、この時期、シカは群れで動いている。
メスが入り込んでいなければいいのだけれど。

P1012394.jpg

一日に3頭捕獲は初めてだ。
さすがに捌ききれない。

先輩猟師さんにお願いして、解体を手伝ってもらった。
解体して精肉し、後片付けが終わったのは夕方。
一日がかりの作業だった。

大変だったけど、ありがたい山の恵み。
今日も自然の恵みに感謝、笑顔が尽きない一日だった。






● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク