【 藪漕ぎ&匍匐前進 】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

エアライフルでのカモ猟=ゴルゴになりきる。
姿を隠して音もできるだけ出さず、狙撃地点へすすむ。

枝やら棘やら、痛い痛いの連続でございます。
もう特殊部隊よろしく、プロテクターを装備しようかな。

CIMG0042.jpg

これだけ慎重になっても、光の加減によっちゃ銃を薮から出すだけで飛ばれます。
たぶん、金属やらレンズやら、何かしら反射してるんでしょうね。

今回は完璧なまでに接近成功。
スコープ覗いたら、スヤスヤ昼寝を続けておりました。
これは頂き。

CIMG0127.jpg

目に照準を合わせるので、多少のブレなら頭部に着弾。
よほどの風が吹いてない限り、左右の照準補正は皆無です。

FXサイクロンを使っていますが、かなり頼れる存在です。
あとは獲物までの距離さえしっかり掴んでおけば、まず外れはないです。

CIMG0130.jpg

続いてカルガモも射獲。
こいつは少し警戒していたようですが、微動だにしないのですんなりと。
首を伸ばしていたので、何か異変を感じていたのは間違いないですね。

警戒レベルが上がると鳴き始めるので、より慎重に接近する必要が。
陸で休んでいたのが水に入ったら、これもかなり警戒されてますね。

CIMG0123.jpg

カモ撃ちで一番大変なのが、回収作業です。
川だと流れがあるので、筋を読んでどちらの岸よりに流下するか予想。

回収地点を決めたら、川岸まですすみます。
身の丈より高い薮漕ぎなんて日常茶飯事。

池やったらカモキャッチャーを遠投でなんとかなるんですけどね。
流れにのった鴨を回収するには、キャスティング技術も必要不可欠。
回収する頃には真冬でも汗だくです。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ







テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク