【 エアライフルでの狙撃は接近が勝負 】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

カモ猟の終了まで、残り2週間を切っちゃいました。
いい日もあればダメな日もあるけど、ダメな日のが多いような。
まぁ、そんなもんでしょう。

今日はエアライフルで狙撃。
射撃チャンスは8回あったけど、当たったのは2回でした。
どれだけ照準合わせ下手なんだ。

P2024946.jpg

言い訳をするなら、距離目測が甘かった。
あとは風が合ったので流れと、鴨が動くのを考慮しきれてなかった。
カモの頭ギリギリを通過する感じがスコープ越しに良く分かる。

ちなみに全身オレンジ色で目立つ格好だけど、これだけチャンスに恵まれた。
要するに上手く近づければ、服装の色なんて目立ってても関係ないってわけですよ。
全身迷彩柄のがいいんだろうけど、別に目立つ色だって十分に接近できるわけで。

カモが首を上げたり、こちらを見ている時は違和感を感じている証拠。
そんな時はじっとしてしばらく動かなければ警戒を解いてくれる。
んで進み始めて、警戒された止まる。

これを繰り返してると、全然警戒されなくなってくる。
そうなるとこっちのもん。

僕はほふく前進が基本で、できるだけ薮が風で音を出してるときに進む。
あとはエアライフルが太陽光を反射しないように注意するくらいかな?

照準合わせがキッチリできてたら、毎回リミット達成できるんですけどね。
射場で練習しまくらなきゃあかんですわ。




● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク