【 大猪が2頭?それも取り逃がしてたヤツ 】

Category : 狩猟:鳥獣被害対策活動

今日は朝から雨。
昼頃には止む予報だったので、のんびり見回りに行こう。
そう思ってたんですが、地元の農家さんから朝一で電話。

「浩之君の罠にふとかイノシシが掛かっちょっとよ!」

え?

空気銃じゃ無理そうな雰囲気なので、散弾銃とスラッグ弾を持って現場へ。
掛かっていた場所は、先日、罠を迂回されてしまった獣道でした。

車を止めて罠を掛けた場所を見ると、すり鉢状に地面がえぐられイノシシの姿も。
おー迂回したやつに違いない。
これは70kgは余裕であるなと近づいてみると、なんか様子がおかしい。

P1015468.jpg

うまいことワイヤーが倒木に巻きつき、イノシシが吊り上げられている状態に。
完全にぶら下がっている状態なので、イノシシの動きが完全に封じられている。

念のため慎重に近づいて、ゆっくりと狙いを定めて止め撃ち。
血抜きをして引き出そうとしたら、先輩猟師さんから電話。

「浩之君が昨日、取り逃がしたヤツ。こっちの罠に掛かったぞ!。」

不思議なこともあるものです。
昨日は罠を踏んだけど、罠の腕が木の根に引っかかって不発。
足跡から、かなりの大物と推測していました。

僕の場所で異変を感じると、通りを変えて先輩猟師さんの罠場に行く傾向が。
なので次は先輩のところに行くはずですよと、昨日話していたところでした。
そんなうまくいくもんか。と先輩は思ってたそうですが、予感が的中。

僕も状況を説明すると、そのまま散弾銃で止めうちしてくれとのこと。
すぐにイノシシを引き出して、先輩のところへ直行。

P1015470.jpg

あぁ!僕がちゃんと罠を掛けてりゃ、これ獲れてましたよね?
自分が獲りたかった!うおおおお!
先輩猟師さんは大笑いしとりました。

自分が獲った70kgが小さく見える大猪です。
発情前の脂が乗った時期だったら100kgあったんじゃないかというくらい。
二人で必死に引き出して、先輩猟師さんの家で解体することに。

CIMG0605.jpg

泥まみれだったイノシシを洗うと、先輩猟師さんが獲ったイノシシが輝いた。
全身の毛が金色の、本当に黄金猪という表現がピッタリ。
毛が赤茶色の赤猪はよく見るけど、ここまで鮮やかなのは初めて。

それにしてもまさか二人して大物を仕留めるとは。
自分と自分が尊敬する猟師さんが、同じ日に大物を仕留めるなんて滅多にないこと。
貴重な一日になりました。








yamakawa2.jpg



山と河が僕の仕事場



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク