【 夏咲きエビネの株分け 】

Category : 園芸:植木と庭いじり

今日の庭いぢりは、夏咲きエビネの移植。
すごい勢いで成長してるけど、夏の開花時期にちょっと問題が。

どうもつぼみが黒く変色し、落ちてしまうことが多い。
花にとっては、環境がよろしくないのでしょう。
そこで、もう少し涼しく湿度のある場所に移植することに。

CIMG0744.jpg

掘り起こしたら、とんでもないことに。
根がすごい勢いで伸びており、バルブが相当連なっていました。
そこで根をほぐしながら、株分けもすることに。

3株に別けましたが、まだまだ別けれそうですね。
素人なもんで、これ以上はちょっとやめておこうかなと。

これ以上はバルブ数が少なくなってしまいそう。
バルブ数が増えたら、さらに株分けすることにしました。

CIMG0745.jpg

予想以上にバックバルブもあったので、バルブ吹かしも。
3個づつに別けて、4組取れました。

それぞれ根を整理して、軽く殺菌処理。
あとは親株が生えていた環境と同じ様な用土に埋めておくだけ。

CIMG0763.jpg

一般的にはミズゴケを用いるようです。
そこまで用土は選ばないようなので、同じ環境のほうがいいかなと。
あ、あくまで素人考えですよ。

朝日が当って、昼前からは木漏れ日になる場所においています。
まずは葉をしっかりと育て、丈夫な株を作ること。
それから花作りしたほうがよさそうかなと。

ジエビネではうまくいったので、どうなることやら。
春咲きエビネと環境が違ったりするからなぁ。







yamakawa2.jpg



山と河が僕の仕事場



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 蘭の栽培
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク