【 耕作前の畑がイノシシに! 】

Category : 狩猟:鳥獣被害対策活動

見回りを終えてから、罠用のバネの手入れ。
一度、獲物がかかって伸びても、ちゃんと手入れすれば元通り。
さすがに限界はあるけど、一本あたり¥500だから無駄にはできません。

直したバネを使って罠の絞まり具合のテスト。
ちゃんと絞まるので使えるなと確認した所で農家さんから入電。

「イノシシが畑をちんがらやっとるよ!」

タイミングよく罠をこさえたとこなので、すぐに待ち合わせ場所へ出動。
現着すると、これまた大規模のやらかしていました。

CIMG1244.jpg

「爆弾でも落ちたかのような」
こう例えられることも多いイノシシの掘り返し跡。
野生の耕運機とはよく言ったモンですね。

農作物への被害はありませんが、これから牧草やほうれん草が始まります。
放置していたら被害が出るのは明白ですし、何よりイノシシは居ないはずの場所。

CIMG1246.jpg

ミミズやら昆虫類でしょうかね。
とにかく手当たり次第、何もない場所を掘り返しています。

土がベチョベチョになっていないので、明け方に出没した様子。
足跡を探してみると、いくつか大きさの違う足跡が。

CIMG1248.jpg

なんか大きいのも混じってる。
親子連れ?にしては、小さくても40kgくらい。

とにかく複数いるのは確かなので、まずは侵入口を探さないと。
いくつか獣道はあるけど、より確率の高そうな道を絞ります。

CIMG1266.jpg

足跡はもちろん、僕が決め手にするのが泥。
獣道の入り口なんかで草に泥が着いていれば、注意深く観察。

こうやって候補を決めていったら、離れた場所から林の中へ。
獣道を踏まぬように、見つけた入り口から伸びる道を観察。

CIMG1270.jpg

すると、ほぼ確実に、イノシシが木の幹に体をこすった跡がある。
木の幹についた泥の高さから、大体の大きさが分かる。

どうやら気配濃厚。
行き帰りの道が分かったので、数箇所に罠を設置。

なんとなく結果がすぐでそうな気がする。
でもそういう時に限って空振りするんだよなぁ最近・・・・。








yamakawa2.jpg



山と河が僕の仕事場



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク