【 鴨無双網2連戦 】

Category : 網猟

一般猟期の最終日、天気予報が微妙な感じ。
なので昨晩は、2箇所で無双網を引くことに決定。
鴨無双網の2連戦です。

一箇所目は小群が毎晩降りて餌に着いた場所。
本当は本命場所で獲った後、こちらに大群が移動すると予想していたところです。
小群を狙ったとしても、本命場所の大群が来る可能性は大。

二箇所目は大本命の網場で、大群が居着いている場所です。
20kgほどの米を撒くのですが、一晩で綺麗に食べきっていくほどです。
マガモの勢力が強い場所なので、複数の群れがケンカしながら餌を食べています。

ふたつの網場は200mほどしか離れていないので、侵入経路の入り口で待機。
車のエンジンを切って待機すること5分、次々と鴨の群れが通過していきます。
うっすら見える鴨の姿を見ながら、降り立ったのを確認して行動開始。
車で反対側へと迂回します。

鴨に悟られぬように姿を隠し、音をたてずに一箇所目へと忍び足。
網引き場にくると、鴨の声が聞こえたので迷わずワイヤーを引く。
すると10羽程度の鴨が飛び去っていきました。
走って被せた網を確認。

P1017057.jpg

網に絡まったのはマガモ6羽、小群でしたから上出来です。
オスが3羽、メスが3羽と、バランスのとれた群れだった様子。
ほかに群れが居なかったので、偏りが出なかったようです。

あまりグズグズしていると、2箇所目の鴨が飛び立ってしまいます。
そこで急いで止め刺しを行い、回収は後回しにしそのまま放血。

二箇所目へはここから200mほどを徒歩で移動。
網引き場に付くと、鴨の壮絶な鳴き声がします。
どうやら群れ同士で喧嘩しながら餌を食べている様子。

オス同士が牽制し合っていますが、メスはどんどん入ってきます。
しばらく待ちましたがオスが纏まらないので、タイミングを見て網引き。

P1017055.jpg

オス6羽、メス13羽の合計19羽が網に絡みました。
自己新記録です。
強群でしたがオスの同士の喧嘩があったので、こんなもんでしょうか。

こちらの鴨はオスメスの状態のいいものを4羽生け捕り。
残りを早急に止め刺して放血したあと、まずは一箇所目の回収。
泥まみれになりながら、25羽のマガモを回収し終えたのが2時間後。

帰宅し鴨を洗い、内臓処理をし終えると24時近くでした。
夜の気温が高くて助かったー。

15日は最終日、予報が変わって曇り。
体中ギシギシ言ってるので、どうしようか悩み中。
これだけ数があれば、来季まで鴨肉は堪能できるし、羽も十分確保。
今季の鴨網猟は絶好調です。








yamakawa2.jpg



山と河が僕の仕事場



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク