【見回りの最後に待っていたものとは?】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

昨晩からの雨も朝には上がり、日の出と共にあたり一面に霧が。
霧だと鹿が動くので、少し見回り時間を遅らせて出発です。

PB156337.jpg

霧が晴れ、差し込む太陽の光が心地いい森の中。
今日も森は静寂に包まれています。

もちろん罠も作動じておらず、獣達は動いてなかったのかな?なんて思ってみたり。
まぁ雨で臭いが取れて、明日当たり掛かるでしょう!と強がって最後の地点へ。
何気なーく順番に見ていると、視界の片隅で何かが動いた。

PB156360.jpg

掛かってる!最後の罠に角の生えた鹿が掛かっていました。
こっちも興奮気味で立派な角だと思ったのですが、冷静に見てみると二股の若いオスでした。
前脚にしっかりと掛かっていますね。
我ながらうまく掛けたものです。ちょっと天狗。

しかし若いと言ってもオス鹿ですから、角をこちらに向けて威嚇してきます。
正直、ビビリましたよ。鹿といっても人より力ありますからね。
舐めて掛かると絶対返り討ちにあうと思います。

長いパイプの先端に、輪を作ったロープを垂れ下げ、鹿の角に引っ掛けます。
うまく掛かったら一気に引き締め、顔を木に固定。
長い柄のナイフ先端を心臓部に一気に突き止刺しをしました。
暴れることなく眠るように動かなくなる。

PB156364.jpg

軽トラの荷台に乗せたオス鹿。
おもったより大きいですね。
肉も毛皮も大切に使わせていただきます。

今、解体の途中ですが、心臓に見事に刺し傷がありました。
少しは上達したのかな・・・・。





↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク