【 フクロナガサを磨きなおす 】

Category : 装備や道具

故・師匠の奥さんが、倉庫から出てきたから使ってと手渡されたもの。
それは師匠が生前使っていた狩猟刀でした。

受け取ってビックリ、なんとフクロナガサでした。
眠っていたため錆びが出て、刃先もこぼれたままなので磨きなおすことに。

PB210728.jpg

グラインダーで粒度を変えながら磨き、最後は白棒、青棒で磨き上げ。
新品同様とはいきませんけど、輝きを取り戻しました。

こぼれていた刃も、砥石で必死に刃を付け直し。
コピー用紙がスルリと切れるまで研ぎ上げました。
フクロナガサ本来の研ぎではないですが、僕のはこれでよいのです。

薮を払ったり、ナタの様に使ったりと多用途なフクロナガサ。
ですが、僕は止め刺し専用として大切にしたいと思ってます。

PB210730.jpg

このように柄は筒状になっており、棒を差し込めるようになっています。
槍状にすることで獲物との距離を保ちつつ、止め刺しが行えるというもの。

フクロナガサは刃の幅も広いので、刺しどころがピッタリなら一発。
一般的な狩猟刀よりも、確実に心臓や太い血管を、瞬時に刺し切ることができる。
僕にとっては止め刺し専用ってイメージが強いですね。

PB220736.jpg

師匠の形見なので、本当なら柄も山から頂いた樫とかで自作したかったんですけどね。
乾燥に時間掛かるし、素直で真っ直ぐな枝を捜すのも至難の業。
なのでしばらくは農具用に加工された市販品で代用。

先端を削ってテーパーを付け、本体の柄が収まるように加工しました。
あとは固定用のネジ穴を空けて、全体をニスで軽くコーティング。

普段は分離して持ち運びます。
獲物が掛かっていたら組み立てて槍状にし、止め刺しに使います。

PB220737.jpg

こんな感じで蝶ナットとネジで固定。
蝶ネジと蝶ナットの組み合わせが、一番使いやすそうです。

素材はもちろんステンレス。
使わないときは木の柄に留めておけば紛失もしません。

PB220738.jpg

本体の柄も含めると160cmあるので、獲物と距離を保って作業が出来そう。
使ってみて改良点があったら、どんどん手をくわえていこうと思います。

大きな猪が掛かったら、天国の師匠への自慢もかねて真っ先に使おうかな。






yamakawa2.jpg



山と河が僕の仕事場



● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク