【鹿の止刺し】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

罠に掛かった獲物は、頚動脈を切って止刺しをしていいます。
これは先輩方に教わった方法で、上手に出来ると獲物が暴れないんです。
下手に動脈以外を切ってしまうと、激痛で暴れまくります。
器官を傷つけることなく頚動脈だけを切ると、眠るように獲物が落ちます。

PB166419.jpg

この方法がベストなのか、経験の浅い僕には分かりません。
ただ血抜きをしっかりと行えるので、肉をおいしく食べれる手法。
そして暴れないということは激痛を与えていない可能性があると考えられる。
数ある止刺しの中で、今のところ、僕の主たる手法になっています。

どうか忘れないでほしい。
食肉として手にするお肉は、処方は違えど命を奪うことで得られます。
タイイングに使う獣毛マテリアル作りは、こうやって命を奪うことからはじまります。
だからキュウシュウシカの毛を手にした時、少しでもいいのでこの事実を思い出してください。
そして、どうか無駄にすることなく、大切に使ってください。






● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク