【罠の設置基準:大木をまたぐ場所】

Category : 狩猟:狩猟のあれこれ

くくり罠は獣が発動部を踏込むことで罠が発動しますから、必然的に足を着く場所を選びます。
獣道上に着けられた足跡を参考に設置場所を選んだり、坂や傾斜の上下など。
とにかく必ず足を着く場所に仕掛けることが大事ですね。

P1016875.jpg

こういう場所も迷わず仕掛けます。獣道を塞ぐような倒木。
倒木の先には飛び越えたときの着地点があります。
飛び越えるという事は着地時にかかる力は、歩いているときよりも強い。
ですから少し穴を深めに堀り、くくり部が蹄を通過しやすい場所でもあります。

この場所は一方通行なのか、手前側は倒木の増したまで足跡が。
倒木の向こう側は写真では分かりませんが、数歩先から足跡が続いています。
これは飛び越えている証拠。
足跡が始まっている当たりが、着地地点と考えられます。
そこに少し深めの穴を掘り、くくり罠を仕掛ける。
こういう場所はほぼ確実に掛かるので、かなりお気に入りの地形です。







● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク