【猟師の温かさ】

Category : 狩猟:山野を駆け巡った軌跡

一昨日から昨日の夕方までまとまった雨が降り、絶好の快晴となった今朝方。
罠猟にとっては、最高のシチュエーションです。
雨が降ることで設置箇所の臭いが周囲と馴染み、見破られ難くなる。
そして雨でおっくうだったのは獣達も一緒なのか、雨後は新しい痕跡(足跡や食痕)がいっぱい。
まぁ掛かってるだろう!なんて期待が必然的に沸いてくるわけですわ。

今朝は先輩方も朝早くから動いていらっしゃったようで、なぜか2名が僕と同行することに。
うん、たぶんイヂリ倒したいだけでしょ(笑。
あながち間違いじゃないところが恐ろしい。

PC036878.jpg

まぁ、当然のごとく、空弾きがあったりで、もうケチョンケチョンにからかわれる。
静まり返った森の中、いい年のおっさん達が大声で笑うという何とも泥臭い風景。
「まぁ、お前と山行くと、楽しくていいわぁ。」
そう言われちゃうと、いじられキャラっていう立場も悪くなかったりする。
「猪獲ったら絶交だ」ななんて言われたりしてますが(笑。

実は僕に限らず、よく会う猟師さんたちも空弾きが多いのだ。
というのはストッパーの位置に余裕を持たせているから。
仔が掛かっても足が輪から外れてしまうのである。

「仔猪獲ったって身が少ねぇし、仔鹿なんてほとんど食うところねぇからな。」
「どうせ獲るなら肉の多いある程度成長したやつじゃねぇとよ。」

なんて理由らしいけれど、どこかしら優しい目をしながら教わった。
まぁ鳥獣被害に悩んでいる人にとっては、仔でも害獣なんだけれどさ。

それにしても猟師というのは「ツンデレ」がデフォルトなんだろうか?
基本は教えてくれるのに、後は自分で考えろと放置する。
それでも現場で会って同行すると、とにかく事細かに教えてくれる。
そしてからかわれる。

PC197101.jpg

誘引餌を撒いたら負け。
獲りやすいけれど、罠の設置技術をとことん磨きたいなら誘引は使うな。
罠だけで勝負してりゃ、自然と設置箇所が分かってくるから当分辛抱。

まぁなんてスパルタな先輩方。
足跡の間隔が掴めず端を踏まれて空弾きしたり、またがれたりすると納得。
いい獣道だと思っていても、たまたま通った道だったりってのも分かるようになった。
誘引餌つかってたら、こういう間隔は掴み難いだろうなぁって最近感じるようになったかな。

猟友会に入っても、何も教えてくれないじゃん!って最初は思った。
けれど今では猟友会に入ってよかったなぁって思える。
毎朝、寒い中大変だけれど、山に入るのが楽しくて仕方が無い
罠を見破った痕跡があると、なぜだかワクワクしてしまう。
次はこういう位置にしようと学習する。
下手糞な方が楽しいのかもしれないなぁ。






● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク