【小雪舞う 真冬の庭で 皮なめし】

Category : 狩猟:獣類の毛皮なめし

呑気に一句つぶやいている場合ではない。
とーにかく寒い!南宮崎にしてはですが・・・・。
今朝の見回りでも山間部は雪降ってるし。
ここ高原では東京よか暖かいぜぃ!なんて威張れるのは、ヤマメ解禁の時くらいです。

PC217112.jpg

そんな寒空の下、皮なめしの下準備に励みます。
高圧洗浄機のしぶきが恐ろしく冷たい。
ちょっとやってはストーブで暖を取るの繰り返しです。
あーもう猪汁でもありゃ最高なんだけど!

まぁ厳しい環境ですけど、なめしには寒い方がなにかと好都合。
温かいと腐敗しやすいし、悪臭も出やすくなによりハエが恐ろしいことに。
焚き火でもしながりゃやれればなぁ。
今度は嫁さんの実家でやらしてもらおうかな?

PC217135.jpg

ちなみに今回なめしたメス鹿の毛並みはこんな感じ。
乾くとまたちょっと違って見えると思いますので、あくまで参考程度に。

模様が少なく、暗めのチョコレートダンといった感じ。
これが真冬の冬毛ってわけです。
東京より寒いといえど春の訪れが早いここでは、2月に入るともう春毛に生え変わり始めます。
キュウシュウシカの冬毛は、取れる期間が短く意外とレアものだったりします。

ミョウバンを塗布して寝かせ、仕上げ予定は年明け。
これを書いてて思う。
出来上がるの正月じゃんか・・・・。
休みなしだわ、これ。





● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル
 H.M Favorite Flies

国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。
国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。
フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください。


↓よろしければクリックしてランキング投票をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

テーマ: 狩猟・ハンティング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

牧 浩之

Author:牧 浩之
・職業:猟師・西洋毛鉤釣職人
 
・狩猟の獲物は余すことなくできるだけ利用。羽や毛皮は仮剥製およびなめし加工をして、毛鉤用素材として販売しています。

・当ブログはリンクフリーですが、記事の引用等は無断転載はお断りしております。転載などありましたら一言いただけると嬉しいです。
 
・お気軽にメールください。釣場情報や加工技術等はお答えいたしておりません。生活が掛かっていますからご理解ください。獲物の肉の販売は致しておりません。
info@hm-favorite.com

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク